かずログ
介護のこと

家族の介護の悩み 自宅か施設なのか

介護されることを必要とする家族がいる場合に

介護する側の家族が直面する悩みがあるかと思います。

 

介護する家族を

「自宅でみるか」

「施設にお願いするのか」

どちらを選ぶのか。

 

正解がなくて悩むことが多いかと思います。

 

わたしもとことん悩みました。

誰かに決めてほしいって

何度思ったことかわかりません。

 

結局、

母は自宅へ

祖父は施設へとお願いしました。

 

高齢者施設で働いていた経験

 

わたし自身

以前に高齢者施設で働いていたことがあります。

 

その時に思ったことですが

ほとんどの人は自宅へ帰りたい

ということです。

 

もちろん

帰りたくても我慢している人

話すことや感じることが少なくなって言わなかったり言えない人など

個人差はとてもありましたが。

お話できる人で施設のほうがいいというのは私の経験ではおひとりだけでした。

その人は、施設だと誰にも気をつかわなくていいからとお話されていました。

 

施設にいたみなさんの本当のお気持ちまでははかりしれますし

施設の特徴などによっても

もちろん意見は違うとは思います。

 

当時のわたしにとって

とても印象に残ることとなりました。

 

自宅での介護を選んだ母の場合

 

母は通院拒否からの高血糖で緊急入院しました。

治療のおかげで徐々に血糖値は落ち着いてきました。

 

そうなると今後はどうなるのか

自宅か施設のどちらをえらぶのか

大きな選択が必要になりました。

 

母は入院したことで血糖値は落ち着いたものの

段々と、とても元気がなくなりました。

 

そんな姿をみているうちに

うまくいかないかもしれないけど、自宅へ戻してあげたい

と、強く思うようになりました。

 

その後は訪問看護師さんにお願いしながら

なんとか自宅での生活ができるようになりました。

 

施設へお願いした祖父の場合

 

母の介護から数年後

祖父は歩いたりすることが難しくなりました。

 

お風呂やおむつなどのお世話が必要となり

週に数回のデイサービス

毎日の訪問介護を利用していました。

 

でも、徐々にお世話をするときに怒ることが多くなり

自宅に来てもらっていたヘルパーさんや

私のことも拒否するようになって

自宅で過ごすことが難しくなりました。

 

今思うと祖父は

自分の思うように体が動かせずつらかったんだと思います。

 

特に男性ですし、女性にお世話してもらうことは

とても抵抗があったことでしょう。

 

まとめ

 

自宅か施設かの選択は

介護していると常についてまわってくると思います。

 

どうしてこんなに悩むのかと考えると

それぞれの介護する人介護される人

みんな違っていて

 

そのまわりの家族仕事のことなど

取り巻く環境もそれぞれ

だから正解がないことなんですよね。

 

でも悩むのは

とても大切な家族を大切な気持ちで考えている

ということなんじゃないかなと思います。

 

大切だからこそ、簡単には決められない。

いったん決めたからといってすぐに納得できることではない

ということかもしれません。

 

どうか悩んだとしても自分をせめたりすることなく

親せきや兄弟やケアマネジャーさんなど

誰かに相談してみてください。

 

家族を思う優しい人のまわりには

必ず助けてくれる人がいるものです。

-