かずログ
看護師のこと

看護師になったきっかけ

看護師になってもう30年ほどたちます。

年数を数えると自分でもビックリしてしまいますが(汗

年月の過ぎるのって本当に早いものですね。

 

家族に介護が必要になって

改めて自分の仕事について考えることが増えてきたように思います。

 

看護師になった最初のきっかけ

 

そもそも最初は、母の妹である叔母との何気ない会話からでした。

「女の人は手に職を持っていたほうが、一人でも生きていけるからいいよ」

 

あとになって聞いたことですが

その時に叔母は嫁いだ先で色々とあって

実家に帰りたかったけど収入がないことなどに悩んでいたとのことでした。

 

多分、本当に何気なくて

その時はあまり意味も持てないような会話だったかもしれません。

でも、当時中学生だったわたしには

その言葉が自分の心にとてもヒットしたんです。

 

なぜかといま考えてみると、当時のわたしは

とても将来結婚できそうにないから

ひとりで生計を立ててやっていかなくてはと思っていたんです。

 

母が精神科に通ったり何度も入院していたことや

家族の中でもめ事が多かったことからか

そう強く思い込んでいました。

 

そんなところにそう言われて

「はい! わたし、看護師になります!」

はっきりと思ったのを覚えています。

 

看護師になろうと決意する

 

一人でずっと生きていかなくちゃ

もしかしたらお母さんの面倒をみながらになるかも

でも手に職があればなんとかなるかもしれない

 

何かに書き留めていたわけでもないので

記憶を掘り起こしながらになりますが

きっと色々なことを考えながら頑張っていたのかなと思います。

 

あの時の自分がいとおしくてたまらない気持ちです。

 

それから数十年経っていますが、その時のことはよく覚えています。

将来のことを考えると希望が持てないように思えてつらい。

けど、一人で生きていくこともできるし、こんな仕事につくという選択肢もあるんだ

と、不安の中にも希望が持てたんだろうなぁと思います。

 

まさか結婚しててアラフィフになるまで介護のことで色々あるなんて

思ってもなかったでしょうが(笑

 

ちなみにこのことを叔母に話したら

「わたしが言ってあげたおかげねぇ(笑)」っていまだに言われます。

人生どうなるかわからない

 

いまさらですが、人生どうなるかなんてわからないものですね。

きっとあの時のわたしは、叔母の言葉の影響もかなりあったとは思いますが

看護師という仕事に興味を持てたんだと思います。

 

ひとそれぞれ自分のこころに響いたり

印象が残ったりすることってみんな違うものですよね。

 

きっかけは色々だと思いますが

その時々の自分がいいと思った感情を大切にしたいなと思いました。

まとめ

 

今のわたしは、看護師になって本当に良かったと思ってます。

手に職があること

不規則な勤務だからこそ、母の受診などにも付き添えること

対応はヘタだけど介護の知識はあること

 

 

なんとなく不安だったり自信がなかったりすることって

自分を変えたり挑戦できる大事な感情かもしれませんね。

 

今はあの頃の中学生の私を呼んで、とことんほめてあげたい気持ちです。

よくがんばったね~(^^♪

 

 

 

-