かずログ
介護のこと

毎日、介護のために実家に通うことが、不安で仕方なかったこと

通いの介護生活を始めて
早いもので数年経ちます。

介護生活が始まる当初のころは

本当にわたしに出来るのか、大丈夫なのかって
悩んで悩み抜きました。

 

距離とか関係なくて
ちゃんと介護したこともない自分に

出来るはずがない!ってくらいに
思っていました。

 

でも、、でも!
どうにかなりました。
通いで介護生活
今でも続けることができています。


不安に押しつぶされそうだった当時
本当につらかったなぁ〜

 

考えすぎて
悩みすぎていたわたし

 

その当時の自分に向けて
書いてみようと思います。

通いの介護生活が始まった当初は不安だらけだった

 

わたしの住んでいるところと実家とは
車で30分ほど

遠いけど
行こうと思えば行ける距離

そんなに悩むほどではない距離と時間です。

 

でも
急な状況の変化から
介護が始まるーーー

って時のわたしは

そんなことをちゃんと考えられないくらいに
ただただ、あたふたしていたように思います。

 

しばらくしたら、落ち着いて色々と考えられるようになる

 

しばらくはあたふたとしていましたが

落ち着いてきたら
いろいろと客観的に考えることも出来るようになって

 

そこからは訪問看護や訪問介護など
介護サービスをお願いするようになりました。

 

今になって思うと
急な状況の変化があった時って

客観的に考えることができなかったとしても
それって仕方ないことだと思うんです。

 

そんなに初めてのことに順応できなくても
当たり前なんです。
とにかくビックリ!!!しますよ~。

 

その状態がしばらく続いたとしても
それでいいんです。

一番大切なのは
「自分を責めないこと」

 

生まれてからあった
色んなことを思い出してみたんですが

進学、受験、就職、結婚、出産、子離れ
などなど。

 

そんな色んな新しいことが起きた時って

はいはい、分かりましたよ
こうしたらいいですかね

なーーんて
色んなことを分かってます風に
段取り良くやってきたでしょうか。

 

わたしは全然そんなことなかったです。
いつものごとくに
じたばたしていたと思うんです。

まとめ

 

介護のこととかでビックリして
どうしたらいいのかわからなくなったとしても

まずは!
自分を責めることなく

もしも時間に少しでも余裕があるようなら
しばらくはジタバタしている自分を
許してあげてほしいなあと思います。

 

どうか
経験者であるわたしからもお願いします!

 

時間が経ったら
必ずいろんな事を考えていけるようになりますから。

 

どうぞ信じて待ってあげてくださいね!

 

kazu☆

-