かずログ
介護のこと

介護でわからないことははっきりさせて、人を頼ろう

親戚のおばさんが
家族に介護が必要になったからと
役場に相談に行ってきた
ということを聞いた時のことです。

相談先の役場の人は
ケアマネージャーのいる事業所が書いてある紙を
渡してくれた
とのことでした。

なにか話を聞いてくれたり
アドバイスしてくれたの?って聞いたら

「そういうのは全くなかったよ。
その色々と書いてある紙をもらって
これを見て行ってきてくださいって。」

とのことでした。

わたしは

ん??と、それだけだったんだ
なんでかなぁと思いました。

そのうちに時間が経って
段々とメラメラ腹が立ってきました。

だって
役場にまで行って相談するってことは
それだけ困っているってことです。

少し話を聞いたり
アドバイスしてくれてもいいのでは
とそのときは思いました。

相手に望んでばかりいた自分は
違っていたのかもしれない、と思った

 

最初に話を聞いた時には
もっと親身になって話を聞いてくれたり
的確なアドバイスをしてくれてもいいのになぁ
と思いました。

けど、しばらくして

いやいや
そうじゃないのかもしれないと
自分の考えを反省したんです。

自分が求めるばかりじゃなくて
分からない中でも介護の知識をつけたり
知りたいことは自分から具体的に聞くことが
大事だと思い直しました。

最初は分からないことだらけなのはもちろんです。

わたしも介護保険のことも分からなかったし
じゃあ介護保険を使って
どんなサービスが受けられるのかってことも
分かりませんでした。

だからこそ
なにが分からないかをはっきりさせて
適切なところに相談に行くことが大事ですよね。

初めは、あれもこれもわからないです。

その分からない点を
出来るだけ明らかにしていくんです。

介護度ってなんの違いなんだろう
介護度の違いでのサービスの使い方って
どういうのかな
介護認定ってどんなことをして
認定結果が出るまでってどれくらいかかるのかな
などなど。

介護サービスを受ける家族のことが
大事だからこそ
ちゃんと知っておきたいと思いますよね。

まずは介護のことでなにが分かっていないのかを
自分で気付くことが大事です。

そして今
自分が知りたいなぁと思うことがどんなことなのか。

分からないことはどこで調べたら分かるのか

だれに聞いたら分かるのか
頼る先も明らかにしたいと思います。

まとめ

最初は分からないことだらけなのは
みんなそうです。
わたしもそうでしたし、当たり前のことです。

なにも慌てたりすることもないです。

経験したこともないことなんです。

でも
大事な家族をお願いしなくてはならないことだからこそ
知りたいと欲も出てきます。

自分が介護のことで分からないことが
具体的にどんなことなのか
なにを知りたいと思っているのか
だれに聞いたら解決できそうか

ぜひ具体的に細かく、明確にできたらいいのでは
と思います。

介護のことで助けてくれる人はたくさんいます。

分からないことを教えてくれたり
家族の困っているところを手助けしてくれます。

自分だけで悩むことのないように
ぜひ色んな人を頼ってください。

 

介護に関わるひとは
とても優しい人がいっぱいいます。

みなさんを応援していますね!

 

 

kazu☆

 

-