かずログ
看護師のこと

看護師だから、同業のお世話してくれる人の気持ちを考えすぎてしまう

 

わたしは看護師として病院で働いている一方で
実家に通いで介護生活をして数年が経ちます。

今までも家族に訪問サービスを依頼したり
デイサービスや施設入所などいろんなサービスをお願いしてきました。

 

その時によく思ったことですが
介護職のひとや看護師のひとはわたしや家族を見て、多分こう思ってるんじゃないかなぁとついつい考えてしまうんですよね。

 

誰もが思うことだとは思いますが、ついつい同業だったり分かるだけに考えすぎかなぁということもありました。

母の妄想や祖父の介護拒否があって、より想像してしまった

 

例えばですが、母は被害妄想があって訪問を拒否することがあったんですが、それでもなんとかお願いしたくて拒否がありながらも何度か家に来ていただくことがありました。

 

訪問の人からは「なんでも言ってくださいね」とありがたいお言葉もいただいたんですが、きっと帰ってからもうあんなこと言う人の家なんて行きたくないっていってるんだろうなあとか考えてしまいます。

 

それから祖父が介護拒否があって、手で相手を払いのけたり、けっこうきつい言葉も言うことがあった時も面倒くさいと思ってるだろうなぁとか想像してしまいました。

 

もちろん看護師でなくても誰でも当たり前に思うことかもしれませんが、内情がわかる分、余計に考えてしまうみたいです。

 

自分がふだんから色々と思ったり言ってしまっているからでしょうね。

 

こんなことをお願いしたら大変で迷惑かけてしまうとか、きっと本当は嫌がられてそうだなとか、つい思ってしまいます。

相手の気持ちを想像しすぎるときは、迷惑をかけたりしたとき

 

あれこれと考えてすぎてしまう時って、だいたい相手に迷惑をかけたり良くない状態の時なんですよね。

だから余計に考えすぎて悩んでしまうという良くないサイクルなんです。

 

看護師で良かったと思うこともたくさんありますが、迷惑かけたりして考えすぎてしまう時には、知らない方がいいこともあるなあと感じます。

考えすぎてしまう時には感謝すること

 

そんなときの乗り越え方なんてアドバイスすることもむずかしいですが。

わたしの場合はただひたすらお世話になっているみなさんに感謝していました。

あえてそうしていたというよりは、自然と感謝する気持ちになっていたみたいです。

 

大変な思いをさせてしまっているのに、お世話をしていただいた皆さんには助けてもらいました。

それから看護師としては、より相手の気持ちが想像しやすいようになりました。自分のケースに近いとより感情移入してしまいます。

 

ものごとには本当に長所短所、両極端ともいえる面がありますね。

まとめ

 

知っているからこそ、よりお世話してくれる人の気持ちを想像してしまうことも多くなります。

知らぬが仏、なんて言葉もあるくらいで、本当にその通りだと思うこともよくありました。

想像しすぎることは避けたいところですが、相手の気持ちを察して配慮することが出来ているともいえますもんね。

自分へのなぐさめみたいになりましたが、看護師のひとはこんなこともかんがえてるのかなと知ってもらえたらありがたいです。

 

 

kazu☆

-